cucin amica

78coffee & 63cafe

DSC01332.jpg

「郊外が熱い!」の言葉に乗って、
次に目指したのは、自家焙煎豆屋さん「78coffee」。
車を走らせながら、住宅街で少々迷う。
数年前に流行った「市町村合併」の影響で、
二つの地名が所々に点在し、
合併を知らない私たちは、「ええ?また地名が違う!!」などと口々にし、戸惑う。
またまた電話で問い合わせをし、(すぐに訪ねるオバサンなワタクシ・・・。)
なんとか無事到着。
素敵な自宅の一角がお店になっており、
いい香りの漂う店内は、店主さんの好きな雑貨で溢れ、
とってもかわいかった。
教室で飲む用、プライベート用、プレゼント用・・・
様々な用途分を注文。
途中、お出し戴いたアイスコーヒーが美味しかった!!

DSC01333.jpg

店内の一角に置かれた雑貨は、どれも郷愁をくすぐる懐かしいもので、
友人は手にする度、「これ実家にあった~~~!!」と言っている。
注文したコーヒーの仕上がりを待つ間、
かわいい雑貨たちを見つめるのは、なんとも楽しい時間だ。




DSC01335.jpg DSC01337.jpg

次に向かったのは、
「78coffee」の店主さんが教えてくれた「68cafe」。
私は旅行などに行く際、ひとつめのお店だけを決めて、
その次は、地元のお店の人にお勧め店を尋ねることにしている。
地元の人が知っているお店は、その土地の風合いが溢れ、
そしてちょびっと得した気持ちになるのだ。

数字繋がりのネーミングに、
「姉妹店ですか?」と尋ねたところ、偶然だと言う。
おうちカフェ「63cafe」さんは、まさに「お家」だ。
自宅教室を開いている私が驚くのも変だが、
本当に「おうち」の玄関をくぐり、「おうち」のリビングにお邪魔する。
もちろんお借りするトイレも「おうち」のもの。
「こんな世界があるのね~」。
どちらかと言うと、女子度の低い私たち・・・。
「自宅でカフェ」・・・こんなかわいい世界観に驚くことばかりだった。


カッテージチーズで作られた自家製チーズケーキは、あっさりと美味しく、
ちょこんと飾られた「スマイルクッキー」がなんともかわいかった。






DSC01341-1.jpg

方々3箇所を回ったものの、
「まだもう少し時間あるね!」と話す。
お互いなかなか予定が合わないため、会える時はモリモリ遊ぶのだ。
次に向かうは、お気に入りのカフェ「couwa」。
散々食べて飲んでを繰り返し、お腹はいっぱいだったけど、
爽やかな「ベリーソーダ」を注文。


今日一日を振り返り、
「楽しかったね~」と何度も笑う。
どのお店も、その店主さんの熱い想いがキラリと光り、
私たちの一日をピカピカにしてくれたように思う。








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!




スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン