cucin amica

カンガルーポッケに夏の思い出。

DSC01432-1.jpg

8月30日。
「お!始まったな!」とオットが言う。
ヘアーバンドで髪を上げ、首にはタオル。
Tシャツに短パンの出で立ちで脚立に上がり、私は部屋中の壁を濡れ拭きする。

そうなのだ。
楽しかった、いやいや楽し過ぎた夏休みが終わるのだ。
2ヵ月の長期休暇。
訪ねてくるのは家族や従兄妹、親しい友人たち。
磨き掃除もせず、特段に気を使うこともせず、
ただひたすらのんびりと過ごしていた。

しかし2ヶ月間の怠けた生活は、部屋中のあちこちにぐうたらぶりを点在させている。
家具の床付近や天井の梁には、小さな蜘蛛の巣が張られている。
小さな蜘蛛を見つけては「縁起がいいね!」などと話していたからだ。

年中開けっ放しの窓からは、豊かな自然の土埃が入り、
観葉植物の葉の表面を曇らせている。
庭に出し、水浴びをさせなくては・・・。

サイドボードには、何枚にも重なったショップカード。
ちゃんと保管しなくては・・・と思うものの、
手に取って見ては「ここ美味しかったな~」と思い出迷子になり、そのまま・・・。

そんな私に、先日友人がくれた「南国カンガルーノート」。
ショップの名刺やDMを入れるポケットノートだ。
表紙にはカンガルーが押印されキュート!
良質な紙で作られたポケット部分は、書き込むことが出来る。
この夏行った様々なお店。
気に入ったお店のカードを立地ごとに収めてみようっ





DSC01435.jpg

カンガルーのポケットに夏の思い出をしまって。(←入りきるのか!?)

壁を拭き、床を磨き、家具にはちみつオイルを塗る。
私が月末に必ず行う掃除の一幕。
さてさて。また楽しい日常が始まる。











 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!








スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン