cucin amica

月に一度のお楽しみ

DSC01651-1_20110929071730.jpg DSC01638_20110929071730.jpg
DSC01633_20110929071729.jpg DSC01645_20110929071729.jpg


澄んだ空気の清々しい朝。
玄関の掃き掃除をしながら、これからの今日を待ち遠しく思う。
いつもなら大きな荷物を持ち、駅へ向かう時間だ。
しかし今日は我が家で。
淑子先生の着付け教室「Votre moment~あなたのひととき~」が行われる。


本日も友人さっちゃんとの受講。
集まってすぐは、久し振りの再会に興奮し、
おしゃべりが止まらない・・・。
「あと15分経ったら始めようね!」と、淑子先生が言うものの、
楽しくて、大抵は開始がずれ込む。 

それでも、着付け道具を左側に置き、
向かい合ってのお辞儀をすると、背筋が伸びるのだ。

先生の分かりやすい指導にも関わらず、
練習不足&運動不足の私の鼻息が、静かな和室に響く・・・。
それでも、回数を重ねるうちに手順をほんの少し覚え、
楽しさが増していく。


私は「手入れ」と言う言葉がとても好きだ。
お懐石のお師匠さんも度々使うのだが、
「あとは、ほんの少し手入れするとよくなるからね」と言い、
私が盛り付けした料理に、先生が一瞬手を掛けてくれる。
すると数段美しい仕上がりになる。
まさに「手入れ」なのだ。


今日もまた、その「手入れ」を実感した。
私の拙い着付けに、
淑子先生が、サッと指を走らせる。
それは襟元だったり、帯の折りだったり、少し上がった裾だったり・・・
先生の掌が、それぞれの布の上を通っただけで、
まるで魔法のように皺がとれ、凛とする。
同じく、まさに「手入れ」なのだ。


来月は、初めての課外授業「着物で散策」。
淑子先生に着付けていただき、みんなでお出掛け。
今からとっても楽しみだ。












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン