cucin amica

今年もありがとうございました!

DSC02407-1.jpg

みなさま~
すっかりお休みしてしまい、失礼いたしました~~~!

先週頭に鹿児島の祖父母に会いに行き、
帰って来ては体調不良・・・
ブログをお休みさせて頂いてるうちに、なんと年末!
たくさんの方にクリック戴きましたのに申し訳ありませんでした~。





今年でcucin amica タルティーヌ教室は丸3年を迎え、
今ではたくさんの方にご参加いただける教室になりました。
料理教室を始めようと思い立ってから、
一度も楽な仕事だと思えた日はありません。
華やかな時間は、ほんの一瞬で、
あとは地味~~~な作業の繰り返し。
日々勉強で、生徒さんに、いかに飽きずに月々を楽しんでもらえるか・・・
それは4年目を迎えた今も、私の頭の中にどっしりと居座ったままです。

時折生徒さんに「こんなに下準備をして大変ですね」と労りのお言葉を貰うことがあります。
「小さなせんせいが、キッチンでこの全てをこなすなんて泣けちゃう・・・」と、
冗談交じりの優しい言葉も。
誰から見ても未熟者の私の教室は、
「おいおい・・大丈夫か・・・?」と自分で思うことだって多々あります・・
何度試作しても、何度シュミレーションしても上手く行かず、
楽な方に逃げたくなる時もある。
でもそんな時、私が敬愛して止まぬ「ほぼ日イトイ新聞」の糸井重里さんの言葉を思い出します。
それは、「バッターボックスに立てる喜びを持て!」です。

今年も私のバッターボックスは、自宅の小さなキッチンでした。
そこで交わす、生徒さんとの抱腹絶倒の話、
なんだかホロリと泣けちゃう話、昔過ぎてピンと来ない恋の話(笑)
ほっこりする子育ての話、旦那様との惚気話や、かわいい動物たちの話・・・
「美味しい!美味しい!」と笑う生徒さんの顔を見れること、
「今日も楽しかった!せんせいまた来月ね!」と笑う玄関先の顔。
それは、私にとってバッターボックスに立てるからこそ得られる喜びです。

特に今年は東日本大震災を経験し、当たり前の日常を暮らせることが、
何よりもありがたいと思える一年になり、
震災の二か月後、久し振りにみなさんのお顔を見れたあの嬉しさは、
とても印象深いものになりました。


今年も私を「せんせい」にしてくださったみなさま。
本当に本当にありがとうございます。
来年も、もちろんその先も。
私のバッターボックスは、自宅の小さなキッチンです。
ここでまた、みなさまにお会い出来るのを楽しみにしております!


           どうぞみなさま。健やかな年末年始をお過ごし下さいませ。


                            cucin amica タルティーヌ教室
                                   和田陽子





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン