cucin amica

チャンキービーフ&サルサバーガー

DSC02729-1.jpg

試作に燃えるハンバーガー。
写真は「チャンキービーフ&サルサバーガー」。
チャンキーとはこの場合、ゴリゴリと歯ごたえにある具・・・のような意味です。
チャンキーの名にふさわしく、
牛肉のかたまりを手切りし、歯ごたえ抜群に仕上げました。
栃木県産の交雑牛の肩バラ肉。
オージー産のもも肉は「タリアータ」に出来るほど鮮度の良いものを。
歯応えのあるアメリカ産の赤身肉。
3種類の肉を塊で購入し、切り刻みブレンド。
なかなか美味しそうなパテが仕上がる。

2時間冷蔵庫で寝かしたもの。
一晩寝かしたもも。
二晩寝かしたもの・・・
それぞれ食べ比べてみると、二晩寝かせたものが一番美味しかった。

レッスンでは、2時間寝かせるのが限界なため、
出来ればこれで・・・と、食べてみたものの、
お肉の味がバラバラで、旨味が出切らない。
一晩寝かせたものは、肉たちが落ち着き、手に取った瞬間に馴染んだ感があった。
とっても美味しい!やはり一晩寝かせるか・・・と思ったものの、
翌日、二晩寝かせたものを食べてビックリ!
一層、肉の味が馴染み合い、柔らかさを増していた。
二晩ではレッスンメニューには難しい。
かといって、挽肉を使うのでは面白くない・・・
また違うメニューを考える日々が始まる。 トホホ








 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!






スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン