cucin amica

深夜食堂 イーストドーナツ

DSC02879-1.jpg

「ごっめ~んっ 起きてた?」
電話を掛けてきた友人が必ず言う言葉。
時計の針は、21時。
さすがにまだ起きてるよ・・・と言ったものの、
たまに寝てることもある時間だ。

もともと早寝熟睡型。不眠症とは無縁の生活だったのだが、
妊娠してからと言うもの、とにかく眠りが浅く、
一度トイレに起きてしまうと、なかなか寝付けないのだ。

「妊娠後期になると、育児に備えて体が夜型になるらしいよ。
 お昼寝すればいいんだから、思い切って起きて、何かしちゃった方がいいよ!」
1年半前に出産経験したばかりの姉が、なかなかのアドバイスをしてくれた。


パチッと目を覚ますと、午前3時。
「またか~。」と、布団の中でモゾモゾするものの、
姉の言葉を思い出し、エイッ!と起きることにした。
確か寝たのは、夜9時頃。 すでに6時間寝てる。十分な睡眠時間だ。

深夜のキッチンに立ち、イーストドーナツを作ることに決めた。
作るとなったら楽しくなり、黙々と作る。
勝手口から注ぐ光が、いつの間にか明るくなり、
ご近所迷惑にならぬように、ソロソロと雨戸を開けると、朝の空気が気持ち良かった。

大きな天麩羅鍋に、新しいサラダオイルをたっぷり入れて、
ドーナツ生地を次から次へと入れて行く。
柔らかい生地がプ~ッと膨れて、甘い香りが揚げ上がりの合図。
ドーナツシュガーをたっぷり纏ったドーナツは、
驚くほどやわらかく美味しい!!

朝6時。
起きて来たオットは、山のように出来たドーナツに喜び、
いつもの「渋い和朝食」をドーナツに変更した。

この「深夜食堂」。
なかなか楽しめそうだ。










 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!





スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン