cucin amica

穴子を捌く!

DSC03072-1.jpg

オットと義兄のふたり。
嬉しそうに夜釣り出掛けた。
「今夜の夕食の準備はしなくていいぞ!!」
「なんてったって、釣りたての魚をつまみに飲むからな!」
な~~んて言うのが口癖。
ところが最近、全く釣れない日も多々あり、
途中の「釣果報告ゼロ」のメールを受け取っては、
ため息を吐きながら、夕食の準備に取り掛かるのだ。



そんなことが数回続き、
今回も姉の家に泊まり、朝食の準備をしていると、
玄関のドアが開き、喜び勇んだふたりが帰って来た。
あまりにも釣れなくて、早く帰って来たものと思っていたが、
クーラーボックスの中には、大きな穴子が5匹!!
「いやった~~~~!!
     天麩羅だね!カレー塩だね!!」
と、思いもよらぬ釣果に大興奮。

釣りたての穴子はピカピカで張りがある。
素人が捌くには、新鮮過ぎてその張りのある身体に刃物を入れるのも難しい。
でも、釣り人の掟!
釣ったからには自ら捌き、そして食する!
迷うことなくまな板に目打ちされ、オットは一生懸命捌いた。

一見細身に見える穴子も、釣りたての身は肉厚。
薄い衣を付けて天麩羅にすると、驚くほどふんわりと厚みを持ち、
臭みの全く無い甘い身は、悶絶の美味しさだ。
美味しい藻塩とカレー塩で。

釣りって本当にいい趣味だと思う。
おかげさまさまで、美味しい週末となった。













 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン