cucin amica

韓国風海苔巻

DSC03087-1.jpg

ずっと御呼びしたかったご夫婦が遊びに来てくれた。
いつもなら得意のイタリアンでのおもてなしなのだが、
なんと言っても横綱になってしまったため、キッチンに長く立ち続けられない。

どんなおもてなしにするか数週間前から悩み・・・
「そうだ!韓国料理にしよう!」と、思い立ったのだ。
今になってみると、なぜそんなことを思ったのか・・・。
当日、全く慣れてない韓国料理の下準備にとても戸惑った。

立ったり座ったりしなくて済むように、テーブルにはプレートを乗せ、
サムギョプサルを焼こうと決めていた。
しかし、豚バラや豚ロースを下処理し、ニンニクやマッコリに漬け込むのだが、
寝かせたものの、その風貌から下味が付いたのか想像が付かない。
葱や生姜、味噌を合わせた自家製サンジャンも、
妊娠中の味覚には、何もかも濃く感じて判らない。

不安なまま、「韓国風海苔巻」の下準備に取り掛かった。
本来は白米で作るようだが、友人から貰った古代米をブレンドした。
お米が紫だと、配色が美しいと思ったのだ。
卵焼きとカニかま、キムチにキュウリ。
クルクルと撒いたら、海苔に刷毛でごま油を塗る。
もうひとパターンと思い、
シャキシャキサンチュと牛肉をプルコギ風に焼いた具も用意した。
な・の・に・・・
巻くことに夢中になり過ぎて、ぜ~~んぶカニかま風にしてしまい、
空っぽの寿司桶と、たんまり焼いたプルコギが残った。  トホホ・・


遊びに来てくれたご夫婦は、喜んでなんでも食べてくれたけど、
なんとも段取りの悪い、自信のないおもてなしになってしまい反省。
慣れない料理で「おもてなし」なんて、やってはならないのだ。

                    また遊びに来てね!
                          次は得意料理でおもてなししまーすっ

                        












 

↑レシピブログに参加しております。
クリックよろしくお願い致します!



スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン