cucin amica

バジルの収穫

DSC05316-1.jpg

この夏、何度も料理のアクセントとして大活躍した庭のフレッシュバジル。
大型台風が来るとニュースで散々流れ、
「そろそろ収穫するか!」と、やっと重い腰を上げた。

しぶとい夏の残りのせいか、今年のバジルは10月だと言うのに、
柔らかな葉を茂らせた。
大きな虫食いや硬くなった葉を避け、
艶やかな葉だけを選び摘んでいく。
葉と葉が触れる度に爽やかな強い香りが生まれ、
夏を呼び覚ましそうなほどだ。


摘み取った葉は、流水で土や埃と小さな虫たちをキレイに流していく。
水気をしっかり切ったら、電子レンジで乾燥。

パリパリに乾燥した葉は、
乾燥剤と一緒に瓶詰に。
このバジルが、この冬から春のお料理に何度も登場する。
自家製の乾燥バジルは、市販の物とは比べ物にならないほどの香りがある。
そして香り高い料理に舌鼓を打ちながら、
夏の終わりの私に、私自身が感謝するのだ。


















スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン