cucin amica

はじめてのお弁当

DSC06455-1.jpg

桜満開の晴れの日。
お弁当持参での公園遊びに誘われた。

ほほぅ。楽しそうだな。
そう思ったものの、お弁当作りって・・・と、思いを馳せた。
よくよく考えてみたら、女子力の極めて低い私は彼氏にお弁当を作ったことなど一度もなく、
恥ずかしい話だが、実家暮らしの頃は母の手製弁当を持ち、通勤していた。
オットと結婚し、自分のお弁当を作る日々が始まったのだが、
弁当箱を覗き込む後輩から「サラリーマン弁当ですね!」と言われた。
サラリーマン弁当・・・名前の感じで読み取れる通り、
かわいらしさの欠片もない、おっさんぽいお弁当だったのだ。

とは言うものの、この十数年で女子力が上がったわけでもない。
家にはカラフルなカップもなく、かわいいピンもない。
ま、どうせ凛太郎は「花より団子!」だしね。

そんなわけで、お弁当に入れても美味しそうなものを作ることにした。
手掴みまたはフォークで刺せるものなら、一人でも食べられる。
*パプリカとピーマンのチキンナゲット
*牛蒡のしぐれ煮卵焼き
*秋鮭焼き
*長芋とチーズの春巻き
隙間を埋めるために、好物のミニトマトと枝豆をどっさり入れた。

たったこれだけを作るのに、ぐったりするほど疲れた。
これからが体力勝負の本番だと言うのに・・・。
毎日お弁当を作る人たちに脱帽のひと時だった。

量も可愛らしさも、1歳児が食べるとは思えないお弁当だが、
凛太郎はぺろりと完食。この他におにぎりとスープ。
ひと駆け回りした後、タンカンを1個食べた。

しかしよく食べる。
どうかずっと給食のある学園生活を送りますように・・・
満開の桜を見上げながら、
そんなことを真面目に思う春の一日となった。





 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!







スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン