cucin amica

彼女の花。

DSC06406.jpg DSC06414.jpg
DSC06417.jpg DSC06407.jpg
DSC06419.jpg DSC06418.jpg

お招きしてくれた彼女の暮らす家は、
お花で溢れていた。
ダイニングには「Welcome!」な春のチューリップ。
リビングボードには友人持参の美しい八重のトルコキキョウ。
ベランダにはその時期らしい桜の大枝。
そして所々に覗く、かわいい表情の多肉植物たち。
どの子たちも、愛されている顔をしているから不思議。
掌で優しく触れると、なにか返事をしてくれそうな雰囲気だ。

ベランダに肘をつき、遠くを眺める。
小学校のグランドからは楽しそうな声が弾け、
初めて来たのに、なんだか懐かしい気持ちになった。

私とメールしたあの時も、電話したあの夜も。
彼女はいつもこの植物たちと居たのだと思ったりする。当然だけど。

家って不思議だ。
どんなに外で食事を重ねても、
その人の家で1度会う時間には叶わないほどの親しさが生まれる。
親しかったようでも、その人の暮らしを見なければ、
本当の姿を知れないように思うのだ。
今日、ここに来れてよかったな。
何度も思った。




DSC06438.jpg


この日。いちばん好きだった風景。
ダイニングの窓外に見える、小さな植物たち。
想い思いの器に入り、その小ささが彼女らしい。
フランスのマロンペーストの缶が夕日を浴び、
今日一日の終わりを教えてくれた。

本日の〆は、美味しい手作りケーキと香りあるコーヒー。
楽しかった一日。
元気でね。元気でね。また会おうね。
何度言ったか分からない言葉をまた最後に。

元気でね。また会おうね。











 

↑いつも嬉しいクリックありがとうございます!
 本日もよろしくお願い致しまーす!










スポンサーサイト

SEO対策:さいたま市 SEO対策:西区 SEO対策:料理 SEO対策:パン